海外で就職する際の面接

海外で就職する際の面接

海外で就職する際の面接 今日の日本では、グローバル化が進んでいることから、海外の企業に就職する人が増えています。海外で職を得ようとするとき、まず、海外転職サイトなどのサイトを確認します。そこには、いろいろな国の求人が出ています。そこで、自分が興味のある国を選んで、求人を絞っていきます。同時に、職務内容も絞っていきます。事務系から教育系、技術系など、いろいろな職種の求人が出ています。

求人を絞ったら、多くの場合、履歴書をメールで送付します。求人によっては、業務履歴書や自己推薦文を添付することを求められる場合があります。求人の締め切りは設定されていますが、企業が求める人材がでてきたら、すぐに面接に進みます。面接の多くは、スカイプなどを使って行われます。場合によっては、メールのやり取りで決まったり、電話で面接が行われることもあります。日本に本社がある場合、本社に赴いて面接が行われるというケースもあります。

現地採用の場合、候補者を直接に面接することが難しいため、最初は2年契約など契約制になることも少なくありません。しかし、しっかり仕事をすることで信頼が得られ、契約内容が見直されることも多くあります。面接後は、仮契約書にサインをし、現地に赴任する手続き等が開始されます。